ショタステーション^д^


深瀬


 
 
 
 
題名 いいなり [深瀬紅音]
[海王社] の【いいなり】
[海王社] の【いいなり】 [海王社] の【いいなり】 [海王社] の【いいなり】

「お前っていいなりでつまんねえよ」 いつもそう言ってフラれる。だから、一緒にいると楽しくてほっとするこの人には、飽きられないよう、もう「いいなり」になるのはやめた。キスのときの「目を閉じろ」にも「イヤ」えっちのときも(カンジてるのに)「イヤ」…でも、意地はるの、もうくるしい。 「いいなり」になってたい。高校生のかわいすぎる不器用な恋。 【収録話】 いいなり/ タイムカード/ こぼれる襟元/ 手の中に、ヒミツ/ シトラス&ベリー(ショタ)/ 溺れる唇元

 
 
 
 
題名 ポケット・センチメンタル 1 [深瀬紅音]
[海王社] の【ポケット・センチメンタル 1】
[海王社] の【ポケット・センチメンタル 1】 [海王社] の【ポケット・センチメンタル 1】 [海王社] の【ポケット・センチメンタル 1】

デカイ図体して超純情なハルは、無表情だけど美人さんのサナにもうずっと片想い中。 同じ学生寮で生活していて、あんな姿やこんな姿を見るたび想いは大きくなってゆくのですが、サナの意味深な言動に振り回され、挙句の果てにはキ…キスなんかされてしまって、もう大変っ! え!?このキスの意味って…?? 小さな恋のキューピッド(?)たちに見守られながら、高校生たちのラブドキハプニングが巻き起こる(予定)! 恋がギュッとつまった学校&寮生活v

 
 
 
 
題名 ポケット・センチメンタル 2 [深瀬紅音]
[海王社] の【ポケット・センチメンタル 2】
[海王社] の【ポケット・センチメンタル 2】 [海王社] の【ポケット・センチメンタル 2】 [海王社] の【ポケット・センチメンタル 2】

ずっと片想いしていたサナと両想いになり、キスをしたハル。 あのときみんなのジャマがなかったら、衝動のままにもっと先まで進んでしまっていたかも…ともんもんとしているところ。 「──余裕ないんだよ、全然…」 エッチひとつするのに、こんなに悩む男子高校生!(それも攻!) いまどきアリ!? 純情オトメ攻×強気な美人受、男子寮で育まれた恋の決着は? ふたりの初えっちはどうなる?

 
 
 
 

inserted by FC2 system